ホーム>お木がる日記>2014年4月

2014年4月

イチゴのおすそ分け おいひぃ~

4月23日

WOOD-LIFE-HOME 藤井です。

打ち合わせ中のお客様からイチゴを頂いちゃいました heart04

イチゴ 1

ママ友さんとイチゴ狩りに行かれたとのこと happy02

春ですね~ happy01

 

早速、子供たちにあげると大喜び chickchickchick

イチゴ 2

いただきま~す heart01

イチゴ 3

パクリ heart01

イチゴ 4

モグモグ heart01

イチゴ 5

お、おいひぃ~ heart01

 

・・・ご飯もこのくらい喜んでモグモグ食べてほしいものです。

happy01 ご馳走様でした happy01

 

WOOD-LIFE-HOME 藤井

 

 

健康な自然素材住宅の地鎮祭

4月22日

WOOD-LIFE-HOME 藤井です。

先日の日曜日に地鎮祭を行いました。

地鎮祭 1

 

天気が心配されましたが、ちょっとパラつく程度で

さほど降りませんでした cloudsprinkle

地鎮祭 2

 

しかし、雨よりすごかったのは気温 bearing

四月とは思えない寒さでガタガタしてしまいました。

大人でも震えるほどだったので

子供達はさぞかし寒かったことでしょう!!

 

地鎮祭 3

 

最後までよく頑張りました penguinpenguin

 

M様、おめでとうございました shine

 

これから本格的に工事がスタート致します。

安全第一で心を込めて施工させて頂きます house

 

満足できる家づくりを目指して shine

 

地鎮祭 4

 

WOOD-LIFE-HOME 藤井

 

 

 

材木店がつくる健康な木の家 看板設置

4月22日

WOOD-LIFE-HOME 藤井です。

先日、事務所に新しい看板を設置しました。

通りからもよく見える様になりました。

 

設置前の様子がこちら・・・

設置前 1   設置前 2

設置前 3   設置前 4

 

設置後の写真はこんな感じ・・・

設置後 1   設置後 2

 

あまり、見とれてしまうと危ないので

運転中に発見した方はサラッと見てくださいね shine

 

WOOD-LIFE-HOME 藤井

ガスコンロ・オーブン交換

4月21日

WOOD-LIFE-HOME 藤井です。

 

システムキッチンのガスコンロの調子が悪くなってしまった・・・

とお客様より相談を受け

交換工事をご提案しました。

システムキッチンの場合、、サイズが60センチか75センチで決まっていて

部分的に交換が可能になっています。

 

今回は20年近く使っているため

下のコンベクション(オーブンとレンジ機能が付いている)も同時に交換をしました。

交換前はこんな感じ・・・

ガス台 1   ガス台 2

 

 

 

交換工事は9時からスタートして11時30分頃までで約2.5時間位で終了しました。

交換後の写真はこちら!

オーブン 1   オーブン 2

 

最近はオール電化が多くてガスコンロの工事が少ないのですが

料理にこだわる方はガスのほうがいいみたいですね!

ちょっと、詳しいことはわかりませんが・・・ coldsweats01

火で作った料理のほうがおいしく感じます。

このコンロはお米も炊ける機能が付いています!

 

自分の家はIHを使っていますが・・・

炭で焼いた焼き魚なんかを食べたくなるときがあります happy01

 

・・・実際にやったことはありませんが smile

 

 

WOOD-LIFE-HOME 藤井

 

陸上用踏切台 交換工事

4月16日

WOOD-LIFE-HOME 藤井です。

ちょっと変わった工事の依頼を受けました。

「中学校の陸上に使う走り幅跳び用の踏み切り台が

 古くなったので交換してほしい」

と知り合いの教員をしている先輩から連絡がありました。

 

やったことのないことだったので少し戸惑いましたが

「木に関することなら藤井に頼みたい!」と言っていただけたので・・・

仕事をさせて頂くことにしました。

 

木を土の中に埋め込まなければならなかったので、腐食しにくい木材を

選ぶ必要がありました。

色々な木の種類がありますが、今回は ”アピトン” という材種を選択しました。

硬く外部で使うこともある材種です。

 

最初に踏切台の寸法に木取りをして加工します。

それから、防腐加工を行いました。

防腐加工は  「レザックDPS」

無色で屋外・屋内両方に使用できる防腐加工です。

加圧注入するため薬剤が表面だけでなく

木材内部まで深く浸透させることができる防腐処理です。

 

防腐処理が終了したら白くペンキで仕上げました。

設置後の様子はこちら!

踏切台 1

踏切台 2

踏切台 3

なかなかいい感じ shine

 

陸上部の生徒さん

いい記録が出るといいですね happy01

 

今回の工事に伺った時にすれ違う学生さんが

ちゃんと挨拶をしてくれたことがとても印象的で嬉しかったですね heart04

先生方のご指導がすばらしいのだなと感じました。

 

WOOD-LIFE-HOME 藤井

 

 

安心・納得の地盤調査 表面波探査法

4月15日

WOOD-LIFE-HOME 藤井です。

先日、地割をした現場の地盤調査を行いました。

地割 5

 

地盤調査の方法は何種類かありますが

代表的な3つの方法はこちらです!

① スウェーデン式サウンディング試験
  
  長所:調査料が安価。地盤改良の設計がしやすい。
  
  短所:軟弱な地盤と判定されやすい。異物があると調査が困難。

 

② 表面波探査(物理探査)
  
  長所:精度が高いため無駄な地盤改良を回避できる。
      戸建住宅のような軽い構造物調査に向いている。
  
  短所:重い構造物を支えるための杭の設計には適していない。

 

③ ボーリング(標準貫入試験)
  
  長所:重い構造物を支えるための杭の設計に最適。
      土質確認ができる。
  
  短所:戸建住宅の地盤調査で最も必要な表面から深さ1mの
      データーが得られにくい。

 

 

 

 

house 地盤改良はとてもお金のかかる工事です。

scissors 不要であればその分のお金が助かりますよね?

shine しかも、ちゃんと地盤保障が付けられるなら安心して家を建てることが出来ますよね?

 

と、いうことで今回の地盤調査は②の表面波探査を行いました。

表面波探査1
表面波探査2
 

左の写真が検出器で右が起振機です。

表面波探査は、まず右の起振機と呼ばれる機械で

人工的に小さな地震を起こします。

その際に伝わっていく振動を検出器と呼ばれるセンサーで拾います。

この振動の伝わる速さを解析して地盤の強度を測定するのが

表面波探査です。

この、伝わっていく振動はレイリー波と呼ばれています。

 

 

 

 

 

表面波探査3  表面波探査4

データーはその場でパソコンに写しだされます。

高精度で異物があっても深度10mm程度まで測定できます。

 

 

ちなみに今回の地盤調査の結果は・・・

地盤改良は必要なしと判定されました。

もちろん、地盤保障をつけて基礎工事に進んでいきます。

WOOD-LIFE-HOME 藤井

太陽光 発電報告

4月10日

WOOD-LIFE-HOME 藤井です。

3月10日から4月7日分の発電報告いたします。

 

 

発電量     472kwh

売電価格    22,656円

 

 

買電

デイタイム      10kwh
@ホームタイム   165kwh
ナイトタイム     417kwh

 

燃料費調整額         1,645円76銭
再エネ発電促進賦課金等      248円

 

 

請求金額          10,221円

 

確かに電気料金は上がっていないが・・・

名目を変えて請求額を増やしている感じが・・・

節電に心がけていても・・・

すっきりしない・・・

のは、私だけでしょうか???

 

WOOD-LIFE-HOME 藤井

 

 

リフォーム白蟻対策 ボロンdeガード工法 ホウ酸処理 事前調査

4月9日

WOOD-LIFE-HOME 藤井です。

マイホームを”ながいき”させるために最上級の老化・劣化予防対策

ボロンdeガード工法

天然素材を使用することと、薬剤処理と違い揮発しない為

空気を汚さず安心です。 更に薬剤処理だと5年間しか効果がありませんが

ホウ酸処理をすると・・・効果が低下しません。

 

 

今回の事前調査のお宅は築20年ほど・・・

床下の調査はこちらの機械を使用して行います。

 

その名も・・・

狭小空間点検口 ロボット moogle (モーグル)

モーグル1   モーグル2

 

狭い場所でも点検可能 happy01

これで、現状白蟻がいないかチェックします。

その場でモニターを確認することができます。

モニター

 

 

少しでも快適に長く快適に住むためにメンテナンスは必要です。

白蟻対策と腐朽対策

 

実は木造住宅の劣化原因の一位は腐朽なんです!

劣化対策は地震対策にも繋がります good

 

WOOD-LIFE-HOME 藤井

 

 

 

地盤調査前の段取り 地割

4月1日

WOOD-LIFE-HOME 藤井です。

建物をどの辺りに配置するのかを確認するために

地割という作業を行います。

地割1

地割2

ロープを張ってお客様に確認して頂きます。

地割3

地割4

次回は地盤調査の様子をお伝えしようと思います。

地割 看板

WOOD-LIFE-HOME 藤井

 

 

ページ上部へ