ホーム>お木がる日記>ブログ>エアコンは連続運転がいい?
ブログ

エアコンは連続運転がいい?

2月18日(月)

ウッドライフホームの藤井です。

エアコンを寝ている間は止めた方がいいのか?
外出している間は止めた方がいいのか?

連続運転の方が電気代が少なくて快適な室温をキープ出来るという話もありますが、それはその家の性能や日当たりにより変わってきます。

まず、エアコンを連続運転にするかしないかの判断基準は、あなたの家が高気密高断熱住宅なのかによって変わります。

断熱がしっかり入っていない、気密が悪くて隙間風が多い家だと光熱費を外に捨て続けているようなものです。
したがって、高気密高断熱でない住宅の場合は、エアコンを間欠運転した方が光熱費がかからないといえます。

高気密高断熱の家ならつけっぱなしでも熱は逃げにくいですが、冬の日中に太陽熱を取り入れにくい場合はエアコンが稼働することが多くなり光熱費は思った以上にかかる可能性があります。

高気密高断熱の基準は?
静岡県の袋井、掛川、磐田のエリアなら
断熱性能:Ua値 0.6以下
(最低でも0.87以下)
気密性能:C 値 1.0以下
(最低でも2.00以下)

このような住宅で冬の日中に太陽熱を南窓から取り入れることができるのであれば、連続運転が望ましいでしょう。

夜に関しては、オール電化なら深夜電代が安くすみます。連続運転の方が部屋別の温度差も少なくなり、結露やヒートショックの心配が減るでしょう。

夜寝るときに暖房を消して朝寒くて起きられないのは体にとってかなりのストレスで負担がかかります。

温度が低いことにより、空気中の水分が少なくなり乾燥状態になります。乾燥状態が続くとインフルエンザや風邪などで体調を崩す確率が上がります。

体調不良で病院に行くことになれば、間欠運転で節約した電気代が医療費として支払われ、会社や学校を休まなくてはなりません。

省エネルギーな家が増えることにより地球環境を守ることにもつながります。

CO2削減は家を建てる人と、買う人が生活スタイルを共有することにより実現できるのです。

 

高気密高断熱

 

インスタグラム https://www.instagram.com/woodlifehome_fukuroi/

フェイスブック https://www.facebook.com/woodlifehome.fukuroi/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ウッドライフホーム, ウッドライフ株式会社」は静岡県袋井市を中心に材木店がつくる健康な木の家で
冬は高性能な断熱材で暖かく、夏は遮熱で涼しい家をつくっている地元密着の建築工務店です。
〒437-1121 静岡県袋井市諸井909   電話:0538-23-3016 FAX:0538-23-2934
注文住宅,新築,リフォーム, 主なエリア:,袋井市, 旧浅羽地区, 磐田市, 旧福田地区, 掛川市, 森町, 他
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wood-life-home.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/229

ページ上部へ