ホーム>お木がる日記>ブログ>日本の窓は性能が低い?
ブログ

日本の窓は性能が低い?

2月21日(木)

ウッドライフホームの藤井です。

窓の性能について

モノづくりにおいて日本は様々な物の基準が良いというイメージがありますが、窓だけは世界と比較すると基準が低いようです。
 
窓の性能を数字で表したものを「U値」といいます。数字が低いほど性能が高くなります。
 
多くの国で最低基準があるのに対して日本は最低基準がありません。
基準を決めている国のU値を見てみると1.0~2.0W/㎡・K辺りの数字です。
 
日本の窓で「アルミサッシ」「シングルガラス」の場合はU値6.5W/㎡・Kと低性能な数字になってしまいます。
日本にある既存住宅の8割以上はU値6.5W/㎡・Kの可能性が高いです。
 
今、新築する場合「シングルガラス」を採用する住宅会社は少なくなりましたが、「アルミサッシ」を採用している住宅会社は普通にあります。
 
既存住宅は性能は仕方ないとしても、新築住宅においても5~6割が4.65W/㎡・Kの窓のレベルといわれています。
 
しかし、窓の性能を上げると家の値段が高くなることも事実です。
 
購入時に家の価格が高くなっても冷暖房の光熱費を30年で計算すると、高性能サッシを使った方が結果的に安くなるでしょう。
 
ちなみに、日本の窓の性能値は最高で★★★★で「2.33W/㎡・K」
★は「4.65W/㎡・K」
 
残念ながら日本には最低基準がなく、断熱性能の義務化もされていません。
 
日本の窓について
 

インスタグラム https://www.instagram.com/woodlifehome_fukuroi/

フェイスブック https://www.facebook.com/woodlifehome.fukuroi/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ウッドライフホーム, ウッドライフ株式会社」は静岡県袋井市を中心に材木店がつくる健康な木の家で
冬は高性能な断熱材で暖かく、夏は遮熱で涼しい家をつくっている地元密着の建築工務店です。
〒437-1121 静岡県袋井市諸井909   電話:0538-23-3016 FAX:0538-23-2934
注文住宅,新築,リフォーム, 主なエリア:,袋井市, 旧浅羽地区, 磐田市, 旧福田地区, 掛川市, 森町, 他
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wood-life-home.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/231

ページ上部へ