ホーム>お木がる日記>ブログ>目地ジョイナー
ブログ

目地ジョイナー

4月10日(水)

ウッドライフホームの藤井です。

建築資材の解説
 
住宅には様々な部材が使われています。
 
ふだん目にしない資材を解説します。
 
「目地ジョイナー」
 
外壁材の下地の下地として使われます。
 
外壁材のつなぎ目部分に施工してある「コーキング」という部分があります。
 
コーキングは劣化が早く7年~10年で劣化して隙間が出来たり切れたりします。
 
しかし、このコーキングが切れてしまうのは想定しています。
 
コーキングが切れると見た目にもよくありませんが、外部からの雨水が心配になります。
 
じつは「コーキング」が劣化して切れても簡単には家の内部に雨水が進入したり、柱や土台が腐ったりすることはありません。
 
外壁やコーキング部分から雨水が進入しても、防水シートが施工してあるためです。
 
しかし、防水シートはカッターなどの刃物で簡単に切れてしまうため「コーキング」を交換する際に切れてしまいます。
 
それを防ぐために「目地ジョイナー」を施工します。
 
目地ジョイナーはコーキングが付きにくくなっており、交換する際にコーキングを剥がしやすくするための工夫です。
 
それでは、なぜコーキングが必要なのか?
 
「サイディング」という外壁材は表面は水や紫外線に強いですが、切った表面はそのような加工がしていない為水分を吸いつ続けると膨らんで痛んでしまいます。
 
その為にも、外壁塗装のメンテナンスをする際は、「コーキングの差し替え」が必要になります。
 
その時に「ジョイナー」が効果を発揮してくれるでしょう。
 
201949184649.jpg

外壁材のつなぎ目部分に設置します。

20194918478.jpg

こんな形をしています。

201949184726.jpg

雨が簡単には入りません。

 
 
外壁デザイン
 

インスタグラム https://www.instagram.com/woodlifehome_fukuroi/

フェイスブック https://www.facebook.com/woodlifehome.fukuroi/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ウッドライフホーム, ウッドライフ株式会社」は静岡県袋井市を中心に材木店がつくる健康な木の家で
冬は高性能な断熱材で暖かく、夏は遮熱で涼しい家をつくっている地元密着の建築工務店です。
〒437-1121 静岡県袋井市諸井909   電話:0538-23-3016 FAX:0538-23-2934
注文住宅,新築,リフォーム, 主なエリア:,袋井市, 旧浅羽地区, 磐田市, 旧福田地区, 掛川市, 森町, 他
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
 
 
 
 
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wood-life-home.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/245

ページ上部へ