ホーム>お木がる日記>2019年7月

2019年7月

束とは?

7月17日(水)

ウッドライフホームの藤井です。

建築資材の解説
 
「束」
 
基礎がない分の床を支えるために使います。
 
最近は木材で束を使う方法は少なくなりました。
 
理由は「白蟻対策」です。
 
束は「束石」といわれる石の上に置くため、湿気が入りやすく地面から近い為白蟻の進入路になりやすいです。
 
木束ではなく鋼製束やプラ束が主流です。
 
高さの微調整も出来て施工性が良くて白蟻の被害にあうこともありません。
 
束石も不要でベタ基礎の上にそのまま乗せて専用ボンドで接着します。
 
大引との接着はビスで固定します。
 
201971785431.jpg
 

インスタグラム https://www.instagram.com/woodlifehome_fukuroi/

フェイスブック https://www.facebook.com/woodlifehome.fukuroi/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ウッドライフホーム, ウッドライフ株式会社」は静岡県袋井市を中心に材木店がつくる健康な木の家で
冬は高性能な断熱材で暖かく、夏は遮熱で涼しい家をつくっている地元密着の建築工務店です。
〒437-1121 静岡県袋井市諸井909   電話:0538-23-3016 FAX:0538-23-2934
注文住宅,新築,リフォーム, 主なエリア:,袋井市, 旧浅羽地区, 磐田市, 旧福田地区, 掛川市, 森町, 他
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大引とは?

7月6日(土)

ウッドライフホームの藤井です。

 
建築資材の解説
 
「大引」
 
大引(おおびき・おびき)は床組み材の1つです。
 
土台と高さをそろえて設置することがほとんどです。
 
間隔は@910㎜(3尺)ピッチで取り付けます。
 
大引が床の荷重で垂れないように下に「束」が使われます。これは次回ご案内しますね。
 
大引の寸法は90㎜×90㎜の角材が一般的です。
 
材種は様々で杉、桧、米松などが使われます。
 
床を支える材料で地面から近い為白蟻の防蟻処理が必要です。
 
床組み
 
20197693655.jpg
ページ上部へ