ホーム>お木がる日記>ブログ

ブログ

住宅ローン減税 認定低炭素住宅

12月7日

ウッドライフの藤井です。

昨日に引き続き

住宅ローン減税の記事をアップいたします・・・

が、昨日アップした「認定長期優良住宅」

の住宅ローン減税の内容と変わらないので

今日は、長期優良住宅と低炭素住宅の

違いを簡単にご説明いたします。

 

認定長期優良住宅とは

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」
に基づいて認定を受けた住宅のことです。
詳しくは国土交通省HP「長期優良住宅関連情報」
を参照してください。

 

長期優良住宅の認定基準の概要(抜粋)

劣化対策:   数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。

耐震性:    極めて稀に発生する地震に対し、持続利用のための
        改修の容易化を図る為、損傷のレベルの低減を図ること。

維持管理
更新の容易化: 内装・設備について維持管理(清掃・補修・点検・更新)を
        容易に行う為に必要な措置が講じられていること。

可変性:    住居者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が
        可能な措置が講じられていること。

省エネルギー性: 必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保され
         ていること。

住戸面積:   75㎡以上

長期優良住宅 説明
長期優良住宅

 

 

認定低炭素住宅とは

「都市の低炭素化の促進に関する法律」に基づいて認定を受けた
住宅のことです。
平成25年省エネルギー基準の住宅よりも10%以上エネルギー消費量
が少なく、節水機器(節水トイレ、節水水洗)やHEMS、再生可能エネルギー
利用など8項目のなかから2項目以上に該当することが求められています。
詳細は国土交通省HP「低炭素建築物認定制度 関連情報」を参照して
ください。

低炭素住宅 説明
低炭素住宅

 

認定制度の住宅を建てることは難しいことでは

ありませんが、書類作成や申請するのに

時間がかかります。

その、申請費用などが一般住宅より

経費がかかります。

 

しかし、優遇されるメリットのほうが

大きい方が多いです。

 

長期優良住宅や低炭素住宅の基準を

クリアしていれば良い住宅という

訳ではありませんが目安として

捉えるのがいいと思います。

 

ウッドライフホーム 藤井

 

 

住宅ローン減税 認定長期優良住宅

12月6日

ウッドライフホームの藤井です。

今日は昨日に引き続き

住宅ローン減税のご案内です。

同じ減税措置でも

「認定長期優良住宅」の場合は

少し違います。

控除額が最大・・・

「500万円」です。

住宅ローン減税 認定長期優良住宅
控除額 最大500万円

住宅ローン残高の1%を所得税から10年間控除

概要

住宅を新築・取得した場合、住宅ローンの金利負担を軽減する為、

年末のローン残高の1%が所得税から10年間控除されます。

前年度分の所得税から控除しきれない場合は、翌年の住民税から

控除を受けることが出来ます。この場合の控除限度額は年13.65万円です。

 

これだけお得です!

控除額=借入金額等の年末残高×控除率

 

控除対象
借入限度額
5000万円
控除期間 10年
控除率 1%
所得税からの
控除限度額
500万円
住民税からの
控除上限額
13.65万円/年

 

 

 

このような方が利用できます。

・長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく

 認定を受けた長期優良住宅を新築・取得した場合

・合計所得金額が3,000万円以下の方。

・その者が主として住居の用に供する家屋であること。

・住宅の取得または工事完了から6ヶ月以内に入居。

・借入金の償還期間が10年以上。

 

住宅ローン減税 長期優良
認定優良住宅の場合控除限度額が
一般住宅より100万円多いのが特徴です。

 

以外に知られていない「税制」

上手に活用していきましょう!

お問い合わせはこちらをクリック

http://www.wood-life-home.com/contact/forms/index/1

住宅ローン減税 一般住宅

12月5日

ウッドライフホームの藤井です。

税制についての記事をご紹介していきたいと思います。

 

 

参考資料として・・・

2016年度版
住宅取得・リフォーム支援制度ガイドブック

からお伝えさせて頂きます。

「TOTO、DAIKEN、YKKap」

 

 

 

住宅ローン減税 一般住宅
控除額 最大400万円

住宅ローン残高の1%を所得税から10年間控除

概要

住宅を新築・取得した場合、住宅ローンの金利負担を軽減する為、

年末のローン残高の1%が所得税から10年間控除されます。

前年度分の所得税から控除しきれない場合は、翌年の住民税から

控除を受けることが出来ます。この場合の控除限度額は年13.65万円です。

 

これだけお得です!

控除額=借入金額等の年末残高×控除率

 

控除対象
借入限度額
4000万円
控除期間 10年
控除率 1%
所得税からの
控除限度額
400万円
住民税からの
控除上限額
13.65万円/年

 

 

 

このような方が利用できます。

・合計所得金額が3,000万円以下の方。

・その者が主として住居の用に供する家屋であること。

・住宅の床面積は50㎡以上。

・住宅の取得または工事完了から6ヶ月以内に入居。

・住宅ローン減税の適用を受けていた人が転勤など

 やむを得ない事情により一時転出し、その後再び

 入居した場合についても、再適用が可能。

・住宅を住居の用に供した年に、転勤などのやむを得ない

 事情により転出し、その後、同一年の12月31日までに

 再び入居した場合についても、適用が可能。

 

住宅ローン減税
控除額 最大400万円
平成31年6月末までの制度です。
平成31年6月30日までに入居した方が対象です。

 

 

以外に知られていない「税制」

上手に活用していきましょう!

お問い合わせはこちらをクリック

http://www.wood-life-home.com/contact/forms/index/1

 


 

排水マス交換工事

11月28日

ウッドライフホームの藤井です。

皆様のご自宅にある

「排水マス」をチェックしたことはありますか?

家の外にある排水管を

集めたり、チェックする為に

必要な「マス」です。

 

 

近年はプラスチック製のマスが

ほとんどですが、一昔前は

コンクリート製のマスが主流でした。

 

最初のうちはコンクリート製でも

問題ありませんが

年数が経過すると・・・

破損したり、割れたり・・・

で、マスの周辺に水が漏れてしまいます。

 

今回の場合も経年劣化による

破損が原因の為、

プラスチック製のマスに

交換いたしました。

マス1

交換した排水マス

マス2

犬走りを斫り交換しました

マス3

ここは狭くて大変でした

 

解体マス

解体したコンクリートマス


 

 

 

 

施工前のコンクリートマスはこちら!

マス施工前

外観は問題ありませんが・・・

 

排水マスの内部は普段見たりしません。

でも、年に1度は覗いてみてください。

特に、築年数が20年以上の

コンクリートマスの方は

管の周辺のコンクリートが取れていないか

確認が必要です。

 

水が漏れていると地盤沈下や

犬走りの割れ、基礎のクラックなどの

原因になります。

 

チェックして水漏れが心配の方は

ご相談ください。

営業エリアは・・・

袋井、磐田、掛川、森町です。

 

「お問い合わせ」

 

ウッドライフホーム 藤井

 

 

フラット35 すべての方に適しているわけではない

11月22日

ウッドライフホームの藤井です。

今も低金利が続いていますね。

フラット35の固定金利も

いまや、変動金利と変わらないくらい

低い水準です。

フラット0

フラット35Sなら最初の10年は・・・
0.73% 今月の金利です。

フラット35 1

民間もかなり低い金利になっています

 

今、住宅購入を考えている方にとっては

嬉しい限りですが・・・

 

実は、金利だけで判断してしまうと

思わぬ出費があって、結果住宅購入で

困ってしまう可能性があります。

 

一つの例として・・・

「フラット35」です。

 

長期金利が低い代わりに

手数料などの費用が高めに設定してあります。

金融機関によって違うのでご注意を!

 

更に、土地や建物はローンの対象に

なりますが、その他の諸経費や

頭金などは自己資金で用意する必要が

あります。

フラット2

総支払額を計算してみると
わかりやすいですね。

フラット3

数年前も低いといわれていた2%台の
フラットの金利も徐々に下がっている。

 

 

他にも団信などに気をつけなければなりません。

難しいですね・・・

銀行選び・・・

住宅ローン・・・

 

でも、少し仕組みがわかれば

自分にあった住宅ローンを見つけることが

出来るでしょう。

 

そんな、「失敗しない住宅に関するお金の話」

を聞いてみたい方は、メールで藤井まで連絡ください。

お時間を調整していただければ

約90分ですっきりする「失敗しない住宅に関するお金の話」

を致します。

 

”お問い合わせ”を頂いた「あなただけに」お伝え致します。

お問い合わせ

ウッドライフホーム 藤井

 

本日は「いい夫婦の日」

11月22日

ウッドライフの藤井です。

今日がなんの日かご存知の

方は多いはず・・・

11月22日

余暇開発センター(現在の日本生産性本部余暇創研)が1988(昭和63)年に制定。

「いい(11)ふうふ(22)」の語呂合せと、11月の「ゆとり創造月間」の期間中であることから。

 

そう、「いい夫婦の日」ですね。

皆様、色々な記念日があると思いますが

お誕生日や結婚記念日だけでなく

今日みたいな日に

ちょっとしたプレゼントなど

喜ばれるのでは

ないでしょうか?

 

普段は照れくさくて言えない言葉を

掛けてあげるのもいいですね。

 

 

ところで、今日は他にも記念日があることをご存知でしたか?

他に6個も記念日があるんです。

 

① ボタンの日

日本釦協会・全国ボタン工業連合会等が1987(昭和62)年に制定。

1870(明治3)年のこの日、金地に桜と錨の模様の国産のボタンが海軍の制服に採用された。

 

② 回転寿司記念日

回転寿司チェーン「廻る元禄寿司」の元禄産業が制定。

回転寿司を考案した同社元会長の白石義明氏の1913年の誕生日。

 

③ ペットたちに感謝する日

ペット関連の事業を行うピーツーアンドアソシエイツが制定。

犬の鳴き声「ワンワン」と猫の鳴き声「ニャーニャー」から。

 

④ 長野県りんごの日

JA長野県経済連(現在のJA全農長野)等が1999(平成11)年に制定。

長野県産林檎の主力品種が「ふじ」であることから「いい(11)ふじ(22)」の語呂合せと、「いい(11)ふうふ(22)」(いい夫婦)→「アダムとイヴ」→「林檎」との連想から。

 

⑤ ふるさと誕生日

和歌山県が1989(平成元)年に制定。

1871(明治4)年のこの日、和歌山県が現在の県域が定まった。

 

⑥ 大工さんの日

日本建築大工技能士会が1999(平成11)年に制定。

11月が「技能尊重月間」であること、「十一」を組み合わせると「士」となり「建築士」にふさわしいこと、22日は大工の神様とされる聖徳太子の命日(622年2月22日)であること、「11二二」を組み合わせると、11はニ本の柱を表わし、ニは土台と梁あるいは桁を表して軸組合の構造体となり、11月22日が大工との関係が密接であることから。

 

大工さん・・・

知ってましたか?

大工の神様は「聖徳太子」

知りませんでしたね・・・

私は・・・

ウッドライフホーム 藤井

 

主婦の方には朗報?

11月17日

ウッドライフホームの藤井です。

気になった記事だったのでアップします。

もう、すでにご存知の方が多いかも知れませんね・・・

数日前の記事でしたから・・・

配偶者控除

配偶者控除の新聞記事


 

 

「パート150万円まで減税」
配偶者控除に上乗せ

今までの配偶者控除の金額が

「103万円」でしたが

「150万円」まで緩和したらどうか?

というもの。

配偶者控除仕組み

パートの方は今より収入を増やしやすくなるかも


 

 

共働きでパートをしている方には朗報だと思います。

今までの103万円だと、月々約85.000円位に

抑えなければなりませんでした。

それが、150万円だと、月々約125.000円位に

なります。

 

住宅ローンは皆さん熱心に調べたり

していますが、住宅を購入すると

固定資産税や都市計画税などが

月々の負担としてかかります。

更に、メンテナンス費も貯めて置かなければ

設備などが故障した場合、修理や交換をしなければ

なりません!

「エコキュートが壊れたけど、お金がないから

とりあえず半年は水風呂で・・・」

なんてことは出来ませんよね!

 

10年後にはメンテナンス費として

少なくとも100万円から150万円くらいは使えるように

毎月1万~1.5万円くらいは「メンテナンス費」として

貯蓄しましょう。

 

子供が小さなうちは正社員で働くのはチョッと・・・

と考えている方には今回の控除拡大は

是非とも進めてもらいたい話ですね。

 

ウッドライフではこれから住宅を建てたいという方に

こんなお話やアドバイスをしております。

☆住宅ローンでやってはいけないこと

☆頭金はいくら必要なのか?0円でも家は建つ?

☆車のローンが残っていると家は建てられない?

☆かしこく住宅ローンを組む方法

☆老後まで安心して生活する為のライフシミュレーション

 

でも、あなたはこんな心配をしていませんか?

「ちょっと話を聞いてみたいだけなんだけど・・・」

「建てるかどうか決めていないけど・・・」

「子供がいるけど連れて行っていいのかな・・・」

「あとで、しつこくされるのは嫌だ・・・」

「お金の話って難しそう・・・」

 

しかし、参加された方のほとんどが

「参加して良かった、参考になった」

喜んでいらっしゃいます。

 

まずは、資金セミナーからご参加ください。

私達は、家づくりのことはもちろんですが

家づくり以外の事もサポートしております。

・資金のこと

・土地探しのこと

 

家づくりはわからないことだらけ???

でも、最初にするべきことは・・・

「住宅を建てるために必要なお金」を理解して

モヤモヤを解決しましょう!

 

メールでのお問い合わせ(24時間)

 

電話 0538-23-3016
受付 平日9時~18時
担当 石川・藤井

補助金がもらえます! リフォームのチャンス

11月9日

ウッドライフホームの藤井です。

秋を一気に通り抜けて冬になってきましたね。

朝は寒くてなかなか布団から出たくない

そんな季節になってきました。

 

しかし、そんな「家の寒さ」

どこから熱が逃げているのでしょうか?

 

床や壁や天井からも熱が逃げていきますが

実は1番熱が逃げている場所は・・・

「窓」です。

 

それぞれの熱が逃げる割合は・・・

1位 窓  52%
2位 外壁 19%
3位 換気 15%
4位 床  9%
5位 屋根 5%

つまり、住宅の断熱性能は

「窓」でほぼ決まります。

 

だから、健康な家にしたいと考えてる方は

仕上材を自然素材にするだけでは

健康住宅はつくれません。

 

家の中を一定の温度に保つ必要があります。

冬の室内温度は、21℃が推奨されています。

 

そのために必要なことは

断熱性の高い自然素材の家をつくる!

新築ならそんな家づくりをしている会社を

選ぶだけでいいのですが・・・

YKK

今住んでる家をどうにかしたい!

そんな方には・・・

「窓の断熱リフォーム」がおススメ。

しかも、今なら補助金制度があります。

YKK

 

住みながらリフォームしたい!

ついでにお風呂やキッチンもリフォームしたい!

木の床にしたい!

木を天井や壁に張ってみたい!

クロスを張替えたい!

などなど、地元でリフォームできる会社を

お探しの方はこちらからどうぞ!

 

お問い合わせ

 

ウッドライフホーム 藤井

 

 

手作業の荷卸、積み込み

10月14日

ウッドライフホームの藤井です。

ここ数日で、朝晩が急に涼しくなって

体調を崩す方が多いですね・・・

 

そう、私もそのうちの一人です。

 

こんな時はゆっくり体を休めたいところですが・・・

そうもいかないのがよくある話・・・

 

本日は、杉山君と材料運搬のお手伝い・・・

はい、思いっきり力仕事です。

 

最初のお荷物は・・・

「ボリデン土台」でした。

ボリデンとはツガという木材に

防腐材を注入してある土台の事で

見た目は濃い緑

いかにも薬剤が入っていますよ~

という感じです。

だから、見た目的にも良くないし

人間の体にも悪そうな感じが

個人的にするので

住宅には私は採用しませんが・・・

桧の土台
ちなみに写真の土台はヒノキ材です。
ボリデンは写真撮り忘れました。

 

今回の材料は牧場の柵?に使うらしく

外部でも腐りにくい材料の選定みたいです。

(大工さんから詳しい話を聞いていないので良くわかりませんが・・・)

 

この、ボリデン土台は薬剤を入れたばっかりは

とにかく”重い”

でも、乾燥してしまうと曲がったり

ねじれたりするので、乾かすことは

難しいですね。

私は軍手をはめて

4寸の4mの土台を

2人でもって降ろしました。

2人でも重たかった・・・

 

そのあとは、手刻みした大工さんの

加工場にお邪魔して構造材の引き上げ。

 

こちらも当然すべて手作業

2tトラックに積んで積んで

「ちょっと気持ち悪い・・・」

そんな愚痴をこぼしながら

終了。

 

普段なら「いい汗かいた」

程度の作業は

今日は「もう倒れそう」

でした。

 

明日も、電気工事の現場へ行かなくては!

ということで、早めに帰って

休みます。

ウッドライフホーム 藤井

 

住宅設備10年保証

ウッドライフホームの藤井です。

先日、トイレのリフォームをさせて頂いたお客様より

10年保証のご依頼を頂きました。

安心家族

もしも、ウォシュレットが7年目か8年目で

故障した場合は修理や出張費は

お客様自身が負担しなければなりませんでした。

なぜなら、メーカーの保障期間は短く

ほとんどが1年~2年しか保証してくれません。

 

でも、保証期間を10年間に延長すれば

修理費を負担しなくても直すことが

出来て安心ですよね?

※消耗品交換などを除く

 

 

少しでも不安をなくし、安心して

快適にすごす為に

「住宅設備の延長保証サービス」を始めました。

安心安全

 

 

 

トイレのみの保証なら

1ヶ月あたり「約121円」

自販機でジュースを1本買うぐらいの

価格で10年間保証できます。

 

リフォームの場合は器具に

単体で10年保証を付けることができます。

 

新築の場合は

システムキッチン、システムバス

トイレ、洗面化粧台、ボイラー等

一括で10年保証いたします。

 

詳しく知りたい方は「お問い合わせ」から

お願い致します。

ウッドライフホーム 藤井

 

ページ上部へ